A4紙袋に使われる人気の素材とは?~紙袋オーダーの極意~

ショップで使われてる紙袋のいろいろ

ショップでは紙袋を商品を消費者に渡すために頻用していますが、そのデザインには様々なものがあります。未晒クラフト紙にワンポイントのロゴプリントを行った簡素なものから、晒クラフト紙に全面のデザイン印刷をしたもの、コート紙に魅力のあるプリントを施したものなど印刷の方法だけでも多様です。また、それに加えて提げ手にもこだわりが持たれることが多く、手軽に口を閉じられるハッピータックを使用するなどの工夫も行われています。

オーダー紙袋の活用方法

ショップで紙袋を利用するときにはオーダー紙袋にすると販促効果が高まり、顧客満足度も高められます。商品とマッチしているデザインの紙袋をオーダーして用意すれば、顧客にとっては特別な高級感を感じるアイテムになるでしょう。また、デザインから企業イメージがはっきりと伝わるものに仕上げることで、街中で人目に付くとそれだけで企業の宣伝を行えるようになります。自由に素材もサイズも選べるオーダー紙袋は様々な目的で活用可能です。

新着情報

素材は?サイズは?紙袋で人気のスタイル5選

no.1

王道のA4未晒クラフト紙

紙袋として最もシンプルで王道の仕様として人気があるのがA4サイズの未晒クラフト紙を使用したものです。安価で簡単なプリントも行えるため、頻用される現場では量産しています。

no.2

A4のコート紙の高級感

高級感を出したいときによく選ばれるのがコート紙の紙袋です。汎用性の高さから選ばれるサイズがやはりA4サイズであり、ロゴなどの簡単なデザインを目立たせるデザインが人気になっています。

no.3

小物に適したA5サイズのコート紙仕様

ワンサイズ小さいA5サイズの紙袋をコート紙仕様でオーダーするのも人気です。小物を入れるには適したサイズであり、ショップで販売している商品を入れるのに使いやすいとされています。

no.4

コストパフォーマンスの良い晒クラフトのA4サイズ

晒クラフトのA4サイズの紙袋はプリントにこだわりたいときにコストパフォーマンスが良い紙袋として利用されています。未晒の場合と異なって真っ白なので、デザインを際立たせることが可能です。

no.5

ジャストサイズの高い人気

オーダーで商品に合わせて作るジャストサイズの紙袋も人気です。完全なオーダーメイドで作ることができ、顧客からの満足度も高いことで販促の目的でよく用いられています。

[PR]

紙袋はオーダーできる♪
会社のロゴを入れよう!

広告に使える紙袋

カラーチャート

広告塔にもなる!オリジナル紙袋を作るメリット

オリジナル紙袋をオーダーするメリットとして最も大きいのは、自由に仕様を設計することができることです。紙袋は持ってくれている顧客に対して常に存在を訴えかけるアイテムになるだけでなく、歩く広告塔としても機能します。街中で使ってもらえるようにすると企業や商品の広告を行えるため、それを意図した設計のオリジナル紙袋を作り上げることでコストパフォーマンスの高い広告を行うことが可能なのです。丈夫で長持ちするようにコート紙にPP加工を行うなどの工夫をし、デザインもさり気ないものにして普段使いできるようにする方法はよく選ばれています。また、飾っても美しいデザインにすることで販売店で広告用に使用してもらったり、家庭で収納袋として活用してもらったりすることも可能です。どのような形で広告を行いたいかに応じて自由に設計することができるのはオリジナルであるメリットであり、企業のマーケティング戦略と深い関わりがあります。

紙袋を制作している専門業者の選び方

紙袋のオーダーをするときには専門業者を利用するのが適切な方法ですが、どの専門業者を選ぶかによっても満足度が変わります。業者によって扱っている用紙や使用しているインク、抱えている工場などに違いがあるため、選べる選択肢や完成した紙袋の品質、対応できるロットや納期に違いがあるのです。いつまでにどのようなデザインの紙袋がどの程度必要で、予算はどの程度確保できるかを決めた上で、実際に見積もりを取って比較してみるのが最も良い選び方でしょう。相談してみると発注側の声をどれだけ聞いてくれるかもわかり、業者として信頼できるかどうかも判断することが可能です。親身になって対応してくれる業者であれば納期やロットで多少の無理を言っても対応してくれる可能性も高く、末永い付き合いをしやすくなります。完成度については実績を確認するのが最も良い方法であり、相談を始めた後ならサンプルを提供してもらって確認すると望む品質の紙袋を手配可能です。

広告募集中